なかなか治らない慢性的な疾患や不眠などの健康に関わるご相談なら当店にお任せください。健康相談型の漢方店として、お困りの症状の原因解決をお手伝いします。

〒612-8228 京都市伏見区南新地58-1 エスペランサ伏見1F
京阪 「中書島」 駅から徒歩2分(「中書島」バス停前)

営業時間:月〜土 10:00〜19:00
(定休日:日曜日・祝日)
カウンセリングの最終受付時間:18:00
※ご相談内容にもよります

<完全予約制>まずはお電話を

075-602-3377

FAX:075-602-3366

つらい「自律神経失調症」でお困りの方へ

自律神経ってナニ?

自律神経失調症の前に、そもそも自律神経とは何なのか、知っておく必要があります。

自律神経とは、私たちのカラダを構成するおよそ60兆個の細胞を無意識のうちに調整している神経のことです。「自律」神経というように、通常私たちの意志とは無関係に働いています。たとえば、自律神経は、心臓の拍動や胃腸の運動のように意志によってコントロールできない運動をさせる働きがあります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があって、その両者が相反する方向に働いています。簡単にいえば、自律神経とは興奮する体調を作るか、リラックスする体調を作るかを調節していると考えればいいでしょう。

「自律神経失調症」ってナニ?

働いている時、スポーツをしている時など、私たちが興奮する時に使う細胞は決まっています。それらの細胞にゴーサインを出すのが「交感神経」です。つまり、昼間活発に活動する時には交感神経が優位に働いています。

逆に、休む、眠る、食べる、こうしたリラックスして穏やかになっている時に働く細胞も決まっています。それらの細胞にゴーサインを出すのが「副交感神経」です。

ところが、休む時に興奮のサインが出たり、その逆に興奮しなければならない時に休むサインが出たりして、そのバランスが崩れるのが「自律神経失調症」です。

自律神経の働き

自律神経は、私たちが一つの行動を起こした時に、無意識のうちに瞬時に働く細胞を決定しています。そして、私たちのカラダの中の細胞のほとんどは、この自律神経の支配を受けています。

専門的なことをいえば、自律神経がその細胞の近くまで伸びて、交感神経の場合はノルアドレナリンを分泌して細胞にシグナルを出して働かせます。さらに、副腎の髄質からアドレナリンが出ます。

そして心臓の拍動を高め、血管を収縮して血圧を上昇させることでカラダ全体を興奮させ、カラダを活動的にさせます。

副交感神経の場合には、アセチルコリンを分泌して細胞にシグナルを出して、その細胞を働かせます。そして、心臓の拍動を緩やかにして、血管を拡張させ血流を促し、心身をリラックスさせます。

また、副交感神経が優位になると、腺細胞の分泌や排泄が促され食欲も高まり、排便が促進されます。

まず生存に必要なのは、「消化・吸収」であり、その機能を支配しているのが副交感神経なので、自律神経はもともと副交感神経から進化したと考えられます。

さらに、海から上陸した生物が重力に逆らって活発に活動するようになり、運動量を大幅に増やすために必要に迫られて交感神経が発達したのです。

「自律神経失調症」になると、体調が崩れます。

自律神経は普通であれば必要に応じて働いていますが、それがうまく働かない時には体調が崩れます。それが、「自律神経失調症」です。

たとえば、副交感神経がきちんと働かないと、ゆっくりと休みたい時に血管が締まって血流が悪くなり、手足が冷えてくつろぐことができないことになります。そうなると、なかなか寝つくこともできなくなり、ぐっすりとした眠りを得ることが難しくなってきます。

このような自律神経の不調が生じるのは、悩み事や心配などのストレスも大きな原因となります。無意識に抑圧された過去のトラウマがストレスになることもあります。また、ホルモンのバランスが崩れてきても、自律神経に不調が生じる場合があります。

男性女性問わず、ホルモンバランスが崩れる更年期の方が自律神経失調症を引き起こされるケースが少なくないのは、こうした理由からです。大きなストレスを抱えていたり、また更年期の方が理由もなく、食欲が落ちたり、よく眠れない日々が続くといったことはありませんか?

それは、ココロの状態が自律神経を左右し、カラダに大きな影響を与えるからです。逆に病気になれば、気分も落ち込んでしまうというように、カラダの状態もココロに大きな影響を与えます。

このように、ココロとカラダの状態をつなげているもの、それが「自律神経」なのです。